MENU

SSC脱毛とIPL脱毛の違いを徹底解決

 

エステティックサロンなど、医療機関以外の民間施設で行われている脱毛方法の主流は光脱毛と呼ばれているものです。

 

これは、脱毛したい部位の毛を剃っておいて、そこへ比較的強い光を照射します。そうしますと、
毛根の色の濃い部分が熱を帯び、それで毛根付近の毛の成長に関わっている細胞を壊すことができます。

 

こうして脱毛できる訳です。ただし、一口に光脱毛といいましても、施設によって使っている機器が異なります。そのためIPL脱毛等の名称が使われています。

 

IPL脱毛の、IPLはインテンス・パルス・ライトの略で、強烈なパルス状の光という意味です。そして、脱毛できる原理は上記の光脱毛と同じです。

 

このIPL脱毛は、毛周期の中の成長期にある毛に対して有効ですが、休止期等にある毛には効果がありません。

 

そのため、脱毛部位の毛の毛周期が一巡以上する間、2ヶ月前後に1回の施術する必要が有ります。

 

実際には6回から10回の施術が必要ですから、脱毛が完了するまでに1年から2年位かかります。

 

さて、SSC脱毛ですが、このSSCとはスムース・スキン・コントロールの略で、なめらかな肌への調節というような意味です。

 

こちらはIPL脱毛に比べますと新しい脱毛方法で、脱毛部位に光を照射するところは変わりありませんが、
あらかじめ脱毛部位に抑毛効果のあるジェルを塗っておくところがIPL脱毛との違いです。塗ったジェルは光を照射することで、毛穴に染みこんでいって抑毛効果を発揮して脱毛できる訳です。

 

SSC脱毛の脱毛の施術期間等はIPL脱毛とほとんど変わりありません。しかし、SSC脱毛の方が痛みが軽いことや美肌効果もあるところが注目されています。